simple life.
 
扉を開けると、壁と屋根に覆われた、がらんどうの空間が、ただそこにある。
音もなく光が降り注ぎ、青い空を雲がゆっくりと流れるのが見える。
それは家の原形であり、素の空間であり、どんな家にも宿っている。
ただ、この日本に今も建ち続ける家は
、あまりにも要素が多いため原型から遠い姿に見える。 

素箱は、家にとって必要なもの以外は何もない状態−
つまり、家の原型から作っていくことができるよう設計されている。 

何もないから、住む人のイメージを自由に引き出し、受け入れることができる。
住む人の暮らしが積む重ねられて作られる家です。